ベルタ葉酸の成分を日本一詳しく解説します

ベルタ葉酸の成分表

 

ベルタ葉酸にはたくさんの成分が配合されています。葉酸はもちろんですが、それ以外にビタミンだけでも、ビタミンa、ビタミンb6、ビタミンc、ビタミンd、ビタミンeなどいろんな種類が含まれています。他にもカルシウムや鉄分、亜鉛、また野菜や美容成分なども豊富に含まれているんですが、ではこれらベルタ葉酸の成分は妊娠前および妊娠中、授乳中のお母さんや赤ちゃんにどんな効果をもたらすのでしょうか?安心の無添加サプリだということをウリにはしていますが、本当に安全な成分だけなんでしょうか?そのあたりが気になりましたので、徹底的に調べて、そして成分表にまとめてみることにしました。ぜひ参考にしてください。

 

成分についても詳しく載ってる公式サイトはこちら!

 

 

 

ベルタ葉酸の成分一覧表

ベルタ葉酸サプリに含まれる成分の一覧は以下になります。

 

乾燥酵母、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、卵殻膜粉末(卵を含む)、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理燕窩)、馬プラセンタエキス末、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、乾燥野菜粉末(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん)、ナンノクロロプシス、乳酸菌末(殺菌乳酸菌、デキストリン)、微細藻類由来DHA・EPA油/貝殻未焼成カルシウム、セルロース、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Ca、ビタミンC、クエン酸、リン酸カルシウム、ラクトフェリン(乳由来)、ビタミンB6、ビオチン、サンゴカルシウム、着色料(β-カロテン)、ヒアルロン酸、葉酸、抽出ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンB12、コリン

 

なんとなく聞きなれない成分も含まれているので、これがいったいどんな効果があるのか?あとは本当に安全なのか?ってところが気になりますね。ですので、これらが本当にお母さんや赤ちゃんの体にいいもの(安全)なのかどうかを調べてみることにしました。以下がその詳細になります。

  1. 葉酸
  2. もろみ酢粉末
  3. ミネラルイースト
  4. ヨウ素含有酵母
  5. 卵殻膜粉末
  6. 燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理燕窩)
  7. 馬プラセンタエキス末
  8. フィッシュコラーゲン
  9. ナンノクロロプシス
  10. 乳酸菌末(殺菌乳酸菌、デキストリン)
  11. 微細藻類由来DHA・EPA油/貝殻未焼成カルシウム
  12. セルロース
  13. ピロリン酸第二鉄
  14. ステアリン酸Ca
  15. ビタミンC
  16. クエン酸
  17. リン酸カルシウム
  18. ラクトフェリン(乳由来)
  19. ビタミンB6
  20. ビオチン
  21. サンゴカルシウム
  22. 着色料(β-カロテン)
  23. ヒアルロン酸
  24. <抽出ビタミンE
  25. ナイアシン
  26. パントテン酸Ca
  27. 酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)
  28. ビタミンB1
  29. ビタミンB2
  30. ビタミンA
  31. ビタミンD3
  32. ビタミンB12
  33. コリン

ベルタ葉酸に含まれる葉酸

まずは最も重要な葉酸についてです。ベルタ葉酸サプリに配合されている葉酸は「酵母葉酸」というものになります。商品の側面に書かれてある成分表の中には「葉酸含有酵母」という表記になっていますね。これは厚生労働省も推奨するモノグルタミン酸型葉酸を酵母に含有させたものになっています。酵母葉酸にすることで、モノグルタミン酸型葉酸の吸収率をアップさせ、さらに体内に滞在する時間を長くしで、効率よく葉酸を吸収させることができます。葉酸サプリでいくら1日に必要な400μgの葉酸を摂取したとしても、それがきちんと体内に吸収されなければ意味がありません。
だからベルタ葉酸はしっかりと葉酸の吸収率を高めるために、このような酵母葉酸を使用しているわけですね。

 

もろみ酢粉末

そもそもの「もろみ酢」は沖縄地方で飲まれるのお酒、「泡盛」を蒸留する過程でできる「もろみ」が原料になります。泡盛を作るためには、原料となるお米を発酵や蒸留していくわけですが、そのときに酒粕と残るのが「もろみ」なんですね。このもろみを圧搾、ろ過することで栄養価の高い「もろみ酢」が出来上がります。もろみ酢の特徴は黒酢の数倍、米酢の数十倍と言われるクエン酸の量です。クエン酸は健康や美容、疲れにくい体を作るのに役立ちます。アンチエイジングにも効果があると言われている成分ですね。ベルタ葉酸サプリの製造過程で、そんなクエン酸をたっぷり含んだもろみ酢の粉末が使用されています。

 

ミネラルイースト

ミネラルイーストとは、体の中で不足しがちなミネラルを酵母菌に含ませたもので、効率的にミネラルを吸収させることができます。ミネラルは体内でビタミンや酵素の働きを助け、炭水化物、脂質、タンパク質などの働きも助ける、健康にはかかせない重要な栄養素です。このミネラルイーストでミネラルを摂取することで、ベルタ葉酸の中に含まれる他の栄養素の吸収もよくなるということですね。

 

ヨウ素含有酵母

ヨウ素は身体に必要なエネルギーを補給し、体のバランスを整えるミネラルの一種です。ヨウ素は甲状腺ホルモンを作るのに必要で、このホルモンは脳の発達を助けます。このヨウ素がく不足すると胎児や乳児は知能発育不全になることがあるんです。一般的に要素はこんぶやひじき、わかめなどの海藻類に多く含まれている成分で、普段から和食中心の生活をしている人は不足する可能性は低いと言われています。ただ食生活が乱れやすい妊娠期においては、ヨウ素不足を引き起こしてしまうこともありますので、サプリメントによって補うことも必要ですね。ただ過剰摂取により
甲状腺機能低下症、甲状腺腫、甲状腺中毒症などの症状を引き起こすこともありますので、摂りすぎには注意してください。

 

卵殻膜粉末

人間の赤ちゃんはお母さんのへその尾を通じて母体から栄養素をもらい成長します。しかしながら親鳥が卵を産み落とした後、その卵には栄養を送ることがないにも関わらず、温めることでヒナが誕生します。このとき卵の中で、ヒナ誕生までの栄養素を補っているのが卵の内側にある「卵殻膜」です。卵殻膜には約20種類のアミノ酸の他、コラーゲンやヒラルロン酸なども含まれており、人にとっても健康や美容に役立つものとして近年注目されています。ベルタ葉酸にはそのような卵殻膜の成分が含まれているということです。

 

燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理燕窩)

加齢や紫外線による肌のダメージ、アトピーやニキビの肌トラブルなどに効果を発揮するスーパーフードのツバメの巣。希少価値も高く、化粧品にも多く使われていますね。出産前後でホルモンバランスが不安定になって肌の状態が不安定になってしまうタイミングで、このツバメの巣が助けになります。

 

馬プラセンタエキス末

馬プラセンタは、近年人気の高まっている馬由来のプラセンタになります。豚プラセンタよりも高級感がありますね。プラセンタは美肌に欠かせない成分ですが、これは中に含まれるアミノ酸に由来するものになります。馬プラセンタは他のプラセンタと比べて約300倍ものアミノ酸が含まれており、人気の理由になっています。きれいなママを目指すためにも必須の成分になりますね。

 

フィッシュコラーゲン

フィッシュコラーゲンは魚の皮膚やうろこを原料として作られるコラーゲンです。まぐろ、たら、サメ、サケなどから作られることが多いですね。フィッシュコラーゲンの特徴としては、肌の水分量をアップさせたり、紫外線でできたシミを減少させる働きがあります。ビタミンCとセットで働きがアップしますので、ビタミンCが不足しないようにすることが大事ですね。(ベルタ葉酸にはビタミンCも含まれていますから大丈夫です!)

 

ナンノクロロプシス

ナンノクロロプシスは植物プランクトン(藻類)の一種です。ナンノクロロプシスはオメガ3不飽和脂肪酸のひとつであるEPAを豊富に含んでいます。 EPAには血液をサラサラにする効果があり、DHAと合わせて厚生労働省から1日1グラムの摂取が推奨されている私たちの健康に重要な栄養素になります。

 

乳酸菌末(殺菌乳酸菌、デキストリン)

乳酸菌は腸を整えるだけでなく、免疫力の強化、インフルエンザの予防、アトピー性皮膚炎の改善、花粉症の予防や改善などにも効果があると言われています。ヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれていますが、ストレスや飲酒、また年齢を重ねることによっても減少しがちになります。ホルモンバランスが崩れやすい妊娠前後は免疫力も低下しますので、しっかり乳酸菌も補いたいですね。

 

微細藻類由来DHA・EPA油/貝殻未焼成カルシウム

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)はマグロやカツオ、イワシなどの青魚に多く含まれる、サラサラ成分・必須脂肪酸のことです。DHAは主に脳に含まれており、記憶力や集中力を持続したり、リラックスした気分にはたらくとされています。.もともとDHAというのは魚油から生産するものでしたが、この微細藻類由来DHAは微生物の生産によって培養されたものです。これにより安定生産が可能になったことと、あとは魚アレルギーの不安も解消されます。貝殻未焼成カルシウムは貝殻を殺菌し乾燥させて粉末にしたもので、主成分は炭酸カルシウムになります。炭酸カルシウムと聞くと添加物っぽくて危険な感じがしますが、安全性が認められている成分なので安心できます。

 

セルロース

ベルタ葉酸サプリに含まれるセルロースは、ブドウ糖が鎖状に結合した不溶性食物繊維で、様々なサプリで複数の栄養成分を固めるために配合されています。
セルロース単独では発がん性物質を抑えたり、腸内環境を改善したりする働きもあり、積極的に摂取したい成分です。ベルタ葉酸のセルロースはサツマイモやトウモロコシから作られており、他の成分とともに一緒に摂取できてお得なサプリです。

 

ピロリン酸第二鉄

血液は酸素や栄養を運んでくれるものですが、その中でも鉄分を含んだヘモグロビンが酸素の運び手となります。もしも鉄分が不足したら酸素を運ぶことができずに、貧血になるわけで、それを解消するために鉄分の一種であるヘム鉄を摂取するのが良いのです。ところがヘム鉄は吸収しにくい成分で、それを助けるために助けとなる成分が必要です。ベルタ葉酸のベルタ葉酸サプリに含まれるピロリン酸第二鉄はヘム鉄の吸収を助けることが出来るものとして活躍してます。

 

ステアリン酸Ca

ベルタ葉酸サプリに含まれるステアリン酸Caは、カルシウム塩の一種となる成分で、一般的な食品添加物としても使われています。硬度が高い水を使っていると、ヤカンの底が真っ白になることがありますが、この中にもステアリン酸Caが含まれています。流動性を高める働きがあることから、工業の分野ではロウソクやゴムにも配合されています。サプリメントの錠剤を作る場合には滑剤として有用ですから、ベルタ葉酸の品質を維持するためにも重要です。

 

ビタミンC

ベルタ葉酸サプリの成分の一つに、ビタミンCがあります。これには免疫力のアップや、皮膚や骨、血管を丈夫にする他、コラーゲンの生成をサポートする働きがあります。また、妊娠中は貧血になりやすい傾向にありますが、鉄分とあわせてビタミンCを摂取することで、効率よく鉄分の摂取ができるようになります。妊娠中に摂取したい成分はいくつかありますが、ビタミンCもそのうちの一つと言えます。ベルタ葉酸には、妊婦にとって嬉しい成分が豊富に含まれているのです。

 

クエン酸

ベルタ葉酸サプリには葉酸だけでなくクエン酸も豊富に含まれています。クエン酸の成分は疲労を回復してくれる効果があります。さらにベルタ葉酸に含まれている栄養成分のカルシウムや鉄分などの吸収を助けてくれるという役割も期待できます。

 

リン酸カルシウム

ベルタ葉酸サプリの成分としてリン酸カルシウムが含まれていますが、リン酸カルシウムというのは骨組織を構成する最も重要な成分で、人体の中で最も多く含まれる生命組織塩となります。そのため不足してしまうと、骨粗鬆症や骨形成の遅延や異常、虫歯、アレルギー、貧血、関節炎など様々な症状が現れる可能性があります。定期的にベルタ葉酸のサプリメントを摂取することでバランスよくリン酸カルシウムを摂取することができ、骨の健康や成長を促します。

 

ラクトフェリン(乳由来)

ベルタ葉酸サプリには、妊活中や妊娠中の方にとって良い栄養素がたくさん含まれています。ベルタ葉酸の成分には、ラクトフェリン(乳由来)が含まれています。ラクトフェリンの主な働きとしては、免疫調整作用があります。つまり、免疫力を上げ、感染症を防ぐということです。ラクトフェリンは鉄を結合するタンパク質で、鉄吸収調節作用があります。さらに、母乳を介して乳児が大量摂取する物質ですので、赤ちゃんのためにも、母親のためにも重要な物質をこのサプリから摂取できます。

 

ビタミンB6

ベルタ葉酸サプリに含まれるビタミンB6は、タンパク質を代謝するために欠かせない成分です。十分に摂取することで、丈夫な筋肉や粘膜が作られるため、厳しい紫外線や乾燥にも強い皮膚になる仕組みです。トリプトファンとビタミンB6はセロトニンの原料としても使われるため、精神を安定させる働きもあることになります。ビタミンB6は水溶性ビタミンの一種でもあり、一部は体内で作られる成分ですが、ベルタ葉酸も使うと不足分を補うことが容易になります。

 

ビオチン

ベルタ葉酸サプリは、子育て中の女性スタッフと愛用者の声が反映された葉酸サプリとして、妊活中・妊娠中の女性に支持されています。ベルタ葉酸には、葉酸だけではなく、様々な成分が含まれています。その中でも、ビオチンは、腸内で作られるビタミンB群の一種です。皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、美肌効果が期待できます。そして、皮膚の炎症を抑える作用もあるので、肌のかゆみや湿疹を防ぐ働きもあります。また、糖の代謝を助ける働きもあるため、高血糖の改善にも役立ちます。

 

サンゴカルシウム

妊娠前や妊娠中や授乳中にお勧めなサプリメントに、ベルタ葉酸サプリがあります。これは、添加物が使われていないので安心して飲むことが出来ます。ベルタ葉酸には、妊娠中に必要な成分の葉酸の他にもビタミンやミネラルがたくさん含まれています。他にもサンゴカルシウムが含まれています。これは、食用のサンゴから作られています。カルシウムが摂取出来マグネシウムやナトリウムやカリウムなども含まれている安全性の高い食品です。

 

着色料(β-カロテン)

ベルタ葉酸サプリの着色料(β-カロテン)は、植物や動物の色素を構成する成分であると同時に、脂溶性ビタミンの一種にも分類されています。野菜のニンジンやカボチャの色素も構成しており、黄色やオレンジの鮮やかな色が特徴です。体内に入るとビタミンAに変化して、粘膜や皮膚を丈夫にする働きをします。着色料(β-カロテン)をベルタ葉酸から摂取すると、強力な抗酸化作用も働きますから、美容のためにも欠かせない成分です。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、妊娠しても美容に気をつけていきたいけど、妊娠前と同じようにケアをしても大丈夫なのか心配というママのためにしっかりと内側から美をサポートしてくれるので妊娠中でも美しさを保つことができるのです。

 

抽出ビタミンE

ベルタ葉酸サプリには抽出ビタミンEの成分が含まれています。ビタミンEには抗酸化作用があります。なので、疲れやストレスなどで体に発生する活性酸素から体を守ってくれます。また、生活リズムの乱れなどでホルモンバランスが崩れているときはその乱れを整えてくれます。そして、なにより血行の流れが良くなるのでベルタ葉酸に含まれた栄養成分をより吸収しやすくしてくれるでしょう。

 

ナイアシン

ベルタ葉酸サプリに含まれる成分の一つであるナイアシンの働きは大きく分けると5つあります。一つはエネルギー生産を助ける働きです。エネルギー代謝の約60%にナイアシンが関係しています。二つ目は二日酔いの予防です。ナイアシンにはアルコールの分解や解毒作用を補う働きがあります。三つ目は皮膚、粘膜の維持と改善効果です。四つ目は血行をよくする働きです。毛細血管を広げる働きがあるので血行が良くなります。五つ目は動脈硬化の予防と改善の効果です。脂質の代謝を促す働きがあるからです。

 

パントテン酸Ca

ベルタ葉酸サプリに含まれているパントテン酸Caという成分はビタミンB5のことを指しています。パントテン酸Caの効用は、美しい肌や髪を作る栄養素で皮脂の代謝に優れておりニキビやアトピーを改善するビタミンとして昨今の美容界で注目されています。水溶性ビタミンのため、過剰摂取をしても尿として体外に排出されるので人体に悪影響は与えません。ベルタ葉酸にはミネラルのカルシウムとしての成分ではなくビタミンB5の栄養成分として含まれています。

 

酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)

ベルタ葉酸サプリには酸化防止剤として、カテキンと抽出V.E.という成分が配合されています。これは、ベルタ葉酸の酸化を抑えるために配合されているものです。サプリの栄養価の低下を防ぐ働きも期待することが出来ます。酸化防止剤が配合されていないと、食品の風味や色が悪くなってしまう可能性がありますし、酸化により生じた過酸化物によって、消化器障害を引き起こす可能性もありますので、非常に重要な成分の一つと言えます。

 

ビタミンB1

ベルタ葉酸サプリにはベルタ葉酸をはじめとした多くの栄養素が豊富に含まれています。その中でも妊娠中や妊娠を希望する女性に欠かすことができない成分のひとつにビタミンB1があげられます。ビタミンB1は水溶性ビタミンの一種です。ビタミンB1の働きとしては、炭水化物を得寝るギーにかえる働きがあります。疲労回復や筋肉痛の解消にも効果が期待できるため、妊娠中の疲れた体を回復させるためにも、摂取が望ましいとされています。

 

ビタミンB2

ベルタ葉酸サプリに含まれるビタミンB2は、水に溶けやすい状態で体内に入り、タンパク質などの三大栄養素の代謝を促進させる働きをします。皮膚や粘膜の健康を支える働きもあるため、ビタミンB2は美容成分の一種としても重要です。ベルタ葉酸から摂取することで、美しい素肌を維持しながら、成長も同時に促進できるのがメリットです。野菜から摂取する場合には水に溶かしてしまうことがありますが、ベルタ葉酸サプリを使えば無駄なく摂取できます。

 

ビタミンA

ベルタ葉酸サプリに含まれるビタミンAは、肌や粘膜の健康維持のために使われます。脂溶性のビタミンの一種で、カロテンが体内で変化する成分としても知られています。一般的な食品ではカボチャなどの緑黄色野菜をはじめとして、レバーや卵などに多く含まれています。ベルタ葉酸を利用すると、普段から食生活が不規則な人もビタミンAの摂取量を増やせます。目の健康を支える役割も担っていますから、視力の低下が気になる人もベルタ葉酸サプリから摂取してみましょう。

 

ビタミンD3

ベルタ葉酸サプリは、妊活中から授乳期までの女性のに必要な栄養素を取り入れることができるもので、沢山の効果が期待できるものです。
ベルタ葉酸には重要な栄養素として、ビタミンD3という成分が含まれていて、ビタミンD3の働きとしては、血中のカルシュウム濃度を一定に保ってくれる働きや、骨の形成の促進をする効果、そしてがん予防の効果もあり、体に大変重要で必要になる効果があるものだと言えます。積極的に摂取し、健康な体を手に入れましょう。

 

ビタミンB12

ベルタ葉酸サプリに配合されている成分にはベルタ葉酸だけではなくビタミンB12があります。ビタミンB12は造血ビタミンとも呼ばれており、葉酸が赤血球中のヘモグロビンを作るサポートをする働きを持っています。そのため、貧血を予防し、胎児が成長しやすい環境を整えることができるのです。またDNAの合成にも関わっていることから、ベルタ葉酸と一緒に取ることで脊椎や中枢神経の成長を促し、胎児の先天性欠損のリスクを減らす働きが期待できるのです。

 

コリン

ベルタ葉酸サプリには様々な成分が含まれていますが、その一つにコリンという成分があります。アメリカでは必須栄養素としているコリンは、水溶性のビタミン様作用物質で、リン脂質を構成している物質の一つです。タンパク質を摂取することで自然に体内で作られるので、基本的には不足することはありません。ベルタ葉酸に含まれるこのコリンの主な働きは、細胞膜を構成したり修復したりすることで、健康のためには必要不可欠な成分です。

 

以上、ベルタ葉酸の成分について解説をしました。ぜひ参考にしてください。

 

 

公式サイトでもっと詳しく見てみる!